未分類

脱毛と粘膜のパーツ

投稿日:

今の時代の日本女性にとっては、アンダーヘアのお手入れは、もはや女子的な身だしなの意識が高まっています。アンダーヘアの中でも、Iラインには粘膜があるため、どこまでお手入れの施術が可能かは、女子的には知りたい部分です。基本的には粘膜には照射をすることはできないものの、ギリギリまで照射に対応をする脱毛施設はあります。

自分で処理するにはIラインは、とても難しいパーツの一つです。皮膚がすごく薄くて、形も入り組んでいるために、自分でカミソリでの処理をするのは勇気がいります。

正面からよく見えるパーツではないので、鏡を使うなど苦労をしますが、カミソリ処理だとすぐに、Iラインにはムダ毛は生えてきます。自己処理をするよりも、Iラインはプロの脱毛にお願いするのが一番い方法です。アンダーヘアの脱毛は今では女子の常識、毛量を残すのか、形はどうするかなど、個人的な希望はあるにしても、専門施設でのお手入れが安心できます。

Iラインの施術に関しては、粘膜のギリギリまで照射をする施設はありますが、刺激が強いのもこのパーツです。エステサロンの場合は、痛みが強いと感じたら、スタッフに伝えて、Iラインに冷却ジェルを足してもらうとか、出力を変えるなどの対応ができます。

クリニック脱毛の場合は、Iラインへの刺激は少し強めですので、同じようにスタッフに伝えて対処をしてもらいます。ただクリニックでIラインの施術を受けるなら、麻酔を使うという手段もあります。

-未分類

Copyright© 沼津の安い脱毛サロン , 2018 AllRights Reserved.